みちのく霊泉 やわらぎの湯

[ご予約・お問合わせ]

温泉について

温泉効能・成分

やわらぎの湯は、その含有成分に大きな特長があります。
ここでは、その成分などについて、わかりやすくご説明します。

放射能泉(ラジウム温泉)について

そもそも温泉とは、地中から湧出する温水、鉱水および水蒸気などで、温泉法に定められた温度や物質を有するものと定義されています。その中で特に、ラジウムやラドン、トロンなどの放射性元素を含むものを放射能泉と呼びます。
「やわらぎの湯」はラジウムを含有するラジウム泉であり、ラジウムは1898年にキュリー夫妻が発見した放射性元素の一つで、広く岩石や温泉などに含まれて居ます。
強い放射能を持ち、医療や理化学の研究に広く用いられています。日本国内では、山梨県の増富温泉、新潟の栃尾温泉、鳥取の三朝温泉などがラジウム泉の名湯として知られています。
ラジウム線は、生物の細胞を活性化する働きがあり、生物には必要不可欠なものです。

飲泉場について

霊水岩磐浴場前飲泉場では302.5マイクロキュリーラドンで、この数値は世界でもトップクラスだといわれています。
「やわらぎの湯」は、花崗岩類の多く分布する阿武隈山地の西縁に位置しています。この花崗岩類は、今から約8500万年~1億2000万年前の白亜紀に形成されたと考え、岩盤のコアからは放射性鉱物が多数認められています。

レジオネラ菌調査について

雑誌などで岩盤浴場内が細菌の巣窟であるといった報道がありましたが、「やわらぎの湯」では専門機関に調査を依頼、レジオネラ菌、大腸菌、真菌など、いずれについても安全であることが証明されました。証明書は岩磐入口に掲示してあります。

温泉成分について

やわらぎの湯の温泉成分は、下記表のようになっております。ラドン量については、計測場所により、数値が違います。これをみると、その土地、場所により、数値が異なることがご確認いただけるでしょう。

■源泉成分表
分析結果 当初分析 再分析
湧出地 福島県田村郡三春町字馬場215番地 福島県田村郡三春町字馬場215番地
源泉名 源泉やわらぎ乃湯 源泉やわらぎ乃湯
調査及び試験年月日 平成14年9月13日 平成24年9月26日
泉 温 17.0℃
調査時における気温20℃
15.8℃
知覚的試験 無色・澄明・
無臭・無味
無色・澄明・
無臭・無味・気泡など
pH値 6.7 6.8
ラドン(Rn) 206.5×10-10
キューリーラドン/kg
(56.79マッヘ単位/kg)
273.6×10-10
キューリーラドン/kg
(75.24マッヘ単位/kg)
分析機関 社団法人 福島県薬剤師会
■飲泉場成分表
湧出地 福島県田村郡三春町字馬場215番地
飲泉場 源泉やわらぎの湯(大浴場飲泉場) 源泉やわらぎの湯(岩磐浴場前飲泉場)
調査及び試験年月日 平成25年5月17日 平成25年5月17日
泉 温 17.5℃
調査時における気温24℃
16.4℃
調査時における気温22℃
知覚的試験 無色・澄明・
無臭・無味
無色・澄明・
無臭・無味
pH値 6.77 6.76
ラドン(Rn) 227.2×10-10
キューリーラドン/kg
(62.49マッヘ単位/kg)
289.410×10-10
キューリーラドン/kg
(79.57マッヘ単位/kg)

営業時間とお問合わせ

■営業時間
1回入浴:午前8時~午後7時30分受付
1日コース:午前8時~午後5時まで 午後8時30分営業終了
宿泊:チェックイン正午〜 チェックアウト午前10時
■定休日
年中無休(メンテナンスのため毎年6月末に4日程度休業)
■駐車場
無料駐車場あり(本館・第二駐車場・第三駐車場)総台数220台
※随時送迎いたします。
■電話
TEL.0247-62-2153 FAX.0247-62-8688
〒963-7746 福島県田村郡三春町馬場224

1回入浴から湯治宿泊までお気軽にご利用ください。

  • 1回入浴

    大浴場・岩磐浴場
    ●午前8時~午後7時30分受付
    ●午後8時30分営業終了
    風呂500円、岩磐浴500円
    ※大広間利用はできません。

  • 1日コース

    大浴場、岩磐浴場
    ●午前8時~午後5時まで。
    1,500円(大広間利用)
    ※昼食は2階の食堂をご利用ください。

  • ご宿泊

    大浴場、岩磐浴場、展望風呂を
    ご利用いただけます。
    ●チェックイン正午〜
     チェックアウト午前10時