みちのく霊泉 やわらぎの湯

温泉について

誕生ものがたり

やわらぎの湯を開湯以来、すべて口コミで全国各地からの大勢のお客さまにご利用いただいております。本当にありがたく心から感謝申し上げます。
やわらぎの湯を開設した影山勝夫です。

私自身ここまでやわらぎの湯が成長するとは思っておりませんでした。近年、巷に岩盤浴場が数多く作られております。当館を訪れるお客様から「自宅の近くに岩盤浴場ができたのですが、やわらぎの湯と同じですか。」と質問されます。

「やわらぎの湯は自然放射線(ラジウム線)なので全く違います」と説明していますが、お客さんは玉砂利から放射線が放射されているものと勘違いをしております。
そこで正しい情報を提供していくことが私どもやわらぎの湯の責任だと痛感し、このホームページを立ち上げることに致しました。

「やわらぎの湯ができるまで」では、この温泉ができた経過を隠すことなく述べております。
この誕生の経緯をお話しすることがやわらぎの湯をご理解いただける一番の近道ではないかと考えました。
どうぞご一読いただきやわらぎの湯をご理解いただければと存じます。

1.大工一筋のみち

私は根っからの在来木造建築の棟梁です。十代で大工見習いに入り、二十一歳で独立。四十年間文字通りこのみち一筋で、仕事を通して社会に貢献して参りました。平成十年には福島の棟梁として知事より顕彰していただき、大変誇りに思っております。
ご存じのように建築大工という仕事は、お客様が一生涯安心して住んで頂けるようにと古来より言い伝えられております、規矩術・暦・方位学を大切にし、敷地と建物の配置、平面計画、地神祭、上棟式と言った作法を大切に伝承しております。

そのような中で、大工職人達の安全祈願・商売繋盛を祈願するために、毎年一月の四日から五日にかけて成田山新勝寺に参拝して参りました。

2.成田山へのお礼参り

私が成田山参詣を欠かさないのは一つのきっかけがありました。
私が大工見習い三年目の時です。仕事の慣れと油断から本来地上で仕事をしなければならない作業を、屋根の染丸太の上で仕掛けを刻んだのです。夢中で刻んでいた時、角材が後ろの梁からはずれ、のこぎりが刺さったまま私の鼻を直撃したのです。
この時普通ですと、角材と一緒に下に落ち即死です。
でも成田山のお守札のおかげで鼻のケガのみで助かりました。

3.二つのお告げ

(1)正月の恒例行事であります成田山参拝のある年、成田山本堂で護摩炊きを受けていたときの事です。ご本尊不動明王よりお告げがありました。
「お前の屋敷内に水がわき出しお前を助ける」というお告げであります。
私は何のことか分からず不思蔵に感じておりました。水は自然流下で、家庭で使うのには十分に間に合っているのに何のことなのか?

(2)その後作業所を増設するために星運命鑑定士に自宅においでいただきました。
先生は自宅裏山に登り、空を見あげていたら突然あそこに温泉が出ると言うんです。又自分のいる場所にここにも出ると言います(現在の岩磐浴場滝桜)。
私は先生の頭がおかしくなったのではないかと思い、「先生頭大丈夫ですか」と問いただしましたところ、「社長すばらしい温泉が出ます。」と確信を持って答えるんですね。「この温泉で病気で苦しんでいる方達を大勢救って下さい、頼みますよ。」と言われ、でも温泉を作るためにお願いしたのでないので、まず作業所の建設のことでお願いしたのですから、だから温泉の事など頭からすっかり忘れておりました。

4.星運命鑑定士が指示した所から水が吹き出した

その後、社員も多くなり社員用駐車場を拡張することになり、重機を入れて掘削を始めた所が地盤が軟らかく、重機が沈んでしまう。これでは駐車場にならない。
そこで地盤改良のために、重機を入れ替え掘削すると、3メーターぐらい堀り下げた所から水が噴き上げてきた。井戸を掘るのではなく、駐車場であります。まして(病・門)方位学上からして一番掘ってはならない所に出てしまった。
早速、星運命鑑定士に、電話で水が出た病門の所にどのようにして埋めたらいいのか、と尋ねると、先生は喜んで、出たでしょう病門の水。病を治す水、すばらしい温泉です。大事にとっておくようにと言われ、半信半疑で井戸として保存することにしました。

5.驚くべき放射能含有量

やわらぎの湯の上の方に山を削り取り、町営の運動公園を作った山は、保水する自然のダムと言われております木を切り、造成工事をしたため保水力を失い、下流で洪水が頻繁起こるようになったのです。
そこで県は、洪水調整ダムを作るために、地質調査官を派遣し、調査を始めた。
ある日ふと事務所から外を見ると何か土を掘っては器具を当て測定をしている不思議な光景が目に入った。私は何事にも興味を示すので近づいてみると、ガーガーと音を立てて針が動いている。ガイガーミラー計数管である。
私は敷地内にウランの鉱石でもあるのか興味がわき、今日は仕事忙しくないので一日無料で手伝いますよと言いましたら、調査官は喜んでお願いしますと言って仕事に掛かった。

でもこの時、成田山の話し、運命鍵定士の話をしました。そして井戸の話しをしたとき調査官の目がきらりと光った。ここには何かあると直感したのです。周囲約200メーターを四角に測定する。1メーター間隔に、少し土を掘っては計数管を当てた。0.02マイクロキュリーであった。

やがて碁盤の目のように測定していった。やがて井戸の所までたどり着いた。ふたを開け、計数管を差し込むと針が振り切れてしまった。あっ壊れてしまったのかと、調査官は針を調整し直してもう一度計ると、0.04マイクロキュリーの数値。
「これは日本で一番の鳥取県の三朝温泉に匹敵するすばらしいラジウム温泉です」「あなたに贈られた地球からのプレゼントですから大切にして是非世に出して人助けして下さい。」と言われました。この時に、「天然放射能ラジウム温泉は万病に効果を現しますよ。」とも言われました。

万病でも具体的に何に効果を現すのですかと聞きますと、「神経系統・リュウマチ・ガン・アトピー・糖尿病・痛風・冷房病・不妊症・筋腫、などまあ万病です。」と言います。
私は病院で治らない病気が温泉で治るなんて考えられませんと言って馬鹿にしていました。

私は測定終了後事務所に入り、なぜ碁盤の目に測定したのかを調査官に尋ねました。「実は今度予定している調整ダムのすぐ下に既存の温泉水源がありましたね。調整ダムに水がたまると既存の温泉を泥水で汚染してしまいます。ですから地球の割れ目を計ったのです」(詳しくは「13.岩磐浴と岩盤浴との違い」をご覧ください。)とのことでした。
この時に再度「社長さん。この温泉は日本国内で類のないラジウム放射泉です。是非温泉を世にだして下さい」と言い残して帰られたのです。でもこの時は建設省の三春ダム建設に伴う移転家屋の受注工事で多忙を極め、温泉作りなど眼中になかったのです。

以上ここで述べましたことがらで、不思議なことが3つありました。

一つは、遥か彼方の成田山新勝寺の護摩供養の時のおつげです。
二つは、星運命鑑定士さんが空を見上げて温泉が出ると言ったこと。
三つは、地質調査官がガイガー計数管を持参し、
    はっきりと不思議な水をラジウム放射泉であると証明されたこと。

このことは偶然とはいえ想像を絶する不思議な力が作用しているような気がします。これは、私に「ラジウム泉」を世に送り出すように、何か大きな力が働いているような気がしました。

営業時間とお問合わせ

■営業時間
1回入浴:午前8時~午後7時30分受付
1日コース:午前8時~午後5時まで 午後8時30分営業終了
宿泊:チェックイン正午〜 チェックアウト午前10時
■定休日
年中無休(メンテナンスのため毎年6月末に4日程度休業)
■駐車場
無料駐車場あり(本館・第二駐車場・第三駐車場)総台数220台
※随時送迎いたします。
■電話
TEL.0247-62-2153 FAX.0247-62-8688
〒963-7746 福島県田村郡三春町馬場224

1回入浴から湯治宿泊までお気軽にご利用ください。

  • 1回入浴

    大浴場・岩磐浴場
    ●午前8時~午後7時30分受付
    ●午後8時30分営業終了
    風呂500円、岩磐浴500円
    ※大広間利用はできません。

  • 1日コース

    大浴場、岩磐浴場
    ●午前8時~午後5時まで。
    1,500円(大広間利用)
    ※昼食は2階の食堂をご利用ください。

  • ご宿泊

    大浴場、岩磐浴場、展望風呂を
    ご利用いただけます。
    ●チェックイン正午〜
     チェックアウト午前10時